現在と一昔前では、家族形態がガラリと変わりました。核家族が増え、少子化、高齢化に伴いお墓を代々継承していくことが難しくなった家族も増えてきています。また、遠方に住んでいたり、継承者が高齢であるなどの理由でお墓の継承、お墓参りが難しかったり、子どもや孫たちに負担をかけたくない、といった理由でお墓を持たないという考え方の人も出てきています。今あるお墓を継承するのに困っている、という人には、墓じまいという方法があります。さらに、お墓を撤去した跡の遺骨や供養を別のお墓や納骨堂の入れる、寺などに永代にわたって供養してもらう、といった方法もあります。この機会に墓じまい永代供養の手順や方法を知り、自分の遺骨の納め先を考えてみてはいかがでしょうか。

まずは遺骨の納め先を決めてから

墓じまい永代供養をするには、まずお墓の撤去からと考えがちですが、遺骨の納め先を考えてから行います。遺骨の行き先としては、公営墓地や寺などでの永代供養、納骨堂の利用がありますが、海などへ散骨するという方法もあります。遺骨を手元に置いておきたい人には、手元供養という方法もあります。最近は樹木葬といった公園のような墓地を利用できる自然葬も注目されています。手元供養以外は、永代使用料や年間管理費などがかかることが多いので、十分に検討して決定するようにしましょう。また、墓じまい永代供養をするにあたって、親族同士と話し合い、理解を得ておく必要があります。最もトラブルが多いのが親族間だといわれているからです。その他、寺や霊園に墓じまいする意向を伝える必要もあります。

改葬のための許可申請が必要です

墓じまい永代供養には、お墓の移動を許可してもらう、改葬許可申請の手続きが必要です。遺骨の行き先がお寺や霊園、納骨堂などの場合に必要で、市区町村の役所に行き、申請手続きを行います。そして、お墓を撤去する墓石業者を決めて依頼し、遺骨を取り出し、お墓のあった場所を更地にしてもらう作業を行います。墓じまい永代供養をするには、いろいろな作業や手続きが必要です。これらの大変な墓じまいをスムーズに行えるよう、作業を引き受けてくれる業者もあります。無料で査定を行ってくれるところもあるので、今後のお墓継承について不安のある人は、一度相談してみるのもおすすめです。また、散骨や永代供養を行うことで、自分の入るお墓もなくなります。お墓について家族と考える、良い機会ともなります。